潤静の副作用を徹底検証!口コミやアトピーについてのまとめ

潤静(うるしず)は、肌の敏感な赤ちゃんでも使える保湿美容液です。
アトピーや皮膚炎で辛い思いをしているお子さんを持つママにも好評です。

しかし、潤静に「副作用は本当にないのでしょうか?

そこで今回は、潤静(うるしず)の口コミから副作用について検証してみました。
気になっているけど不安」という人はぜひお読みください。

潤静に副作用はあるか?

先に結論を言いますと、口コミサイトを隅々まで調べた限りでは、副作用らしき症状の報告は一つもありませんでした

それどころか、「カサカサだった肌が落ち着いてきた」という報告ばかりなんです。
とくに、肌荒れのある赤ちゃんに使われた方の口コミには、悪い評価はいくら探してもなかったほどです。

潤静に副作用がない理由の1つは、一般的に使われている10種類の刺激物が全く入っていないからです。
具体的には防腐剤やパラベン、石油系界面活性剤などです。

これらは大人の健康な肌には問題がない場合がほとんどですが、赤ちゃんの肌はバリア機能が弱く、石油系の成分はスキントラブルの原因につながりやすいです。
潤静には石油系成分が一切入っていないことだけでも、赤ちゃんへの安全性の高さがわかります。

さらに潤静の主成分は、セラミドなど保湿にかかせない安全なものだけが使われています。
余分なものを与えずに、必要なものだけ補うから、副作用もなく安心して使えるのです

じつは市販の赤ちゃん用スキンケアでも、多くの商品に刺激になる成分が入っています。
なかには大人用のスキンケア並みに、色々添加されているものもあるんです!

潤静は刺激の強いものを避けて、本当に必要なものだけ与えることを徹底しています。
副作用どころか、本当に赤ちゃんへの優しさがつまった保湿液と言えるでしょう。

潤静がアトピーにも良いって本当なの?

皮膚科のドクター監修のもと、赤ちゃんでも使える保湿剤として開発された潤静(うるしず)ですが、口コミサイトなどで、「アトピーが良くなった」という投稿をよく目にします。
本当にアトピーに良いのでしょうか?

潤静がアトピーに効果があるのかを検証してみました。

そもそも、アトピーをはじめとする皮膚炎の発生には、肌のバリア機能の低下が関わっていることが分かっています。
だから、赤ちゃんの未熟なバリア機能を補い、バリアの働きをサポートすることがとても大切です。

その点、潤静に入っている成分は、肌のバリア機能を補って外部の刺激から守るものだけです。
刺激の強い石油系成分10種類の無添加に成功しています。

実際に口コミサイトを見ても、

  • 朝晩塗るようになったら、赤みが出にくくなってきました。
  • 赤ちゃんのかきむしりがなくなりました。
  • 塗っていた私(お母さん)の手荒れまで良くなってきました。
  • アトピーの薬を塗る量が減ってきました。
  • 夜、かゆがって泣いていた子供が、ぐっすり眠れるようになりました。

など、アトピーや肌荒れが良くなってきた報告が非常に多いです。
アトピーに効果があるという噂は本当なようです。

もちろん、何が刺激になるかは人によって異なります。

しかし、万が一肌に合わなかった時のために、潤静の公式サイトでは30日間の返金保証制度があります。
安心して試せるようしっかり配慮されている点にも、メーカーの姿勢が見えますね。

さらに、じつはアトピーに効果があるという口コミから、潤静は敏感肌の大人にも人気です。
赤ちゃんにでも使える潤静だから安心してお肌のケアができますね。

潤静の良い口コミ・悪い口コミを検証

実際に潤静を使った人の口コミは、どのような評価なのでしょうか?
最大手の口コミサイトとして有名なアットコスメで調べてみました。

まずはアトピーや敏感肌のお子さんを持つお母さんの口コミから。

  • 赤ちゃんが夜、かゆがって泣いていたのですが、潤静を使うようになってからは、ぐっすり眠れるようになりました。
  • 肌がカサカサしたり赤くなっていたところが、なくなってきました。
  • 外遊びをしても、肌荒れしなくなりました。
  • 浸透が良く、すぐに服を着せられるので助かっています。
  • アトピーの薬の使用量が減ってきました。

このように、悪い評価を探せなかったほど、好意的な書き込みばかりでした。

続いて大人の女性の口コミを見てみましょう。
まず、良い評価としては、

  • すぐに浸透して、肌がもちもちになりました。
  • 使い続けるにつれ、かゆみが出にくくなってきました。
  • 肌のかさつきがおさまってきました。

など、こちらも高評価な口コミばかりでした。

ただ一方で、

  • すぐに浸透するけれど、何となく物足りなく感じます。
  • 塗った直後は保湿されていても、時間が立つと乾燥してきます。

のように、「保湿が物足りないと感じる」といった意見が若干見受けられました。
潤静はべたつきが無いので、べっとり系の保湿クリームを使っていた人は慣れるまで物足りなく感じる可能性はあります。

その場合は、気になる部分に重ね付けして十分な量を浸透させると良いです
なぜなら、お肌の表面に残って乾燥を防ぐタイプとは異なり、潤静はお肌の中から保湿をするタイプの美容液です。
重ね付けすることで、ベタつかないまま保湿効果を高めることができるので、ぜひ試してくださいね。

このように、最大手の口コミサイトでは、潤静の総合評価は非常に高かったのが印象的でした。
寄せられていた口コミも、ほとんどが好意的なもの。
肌の状態が落ち着いて保湿力にも満足しているという口コミが、続いていました。

敏感肌やアトピーでも安心して使えるスキンケアは、実はそれほど多くありません
安心して使えるスキンケアの一つとして、口コミ評価の高い潤静は貴重な存在と言えます。

効果的な使い方

潤静でより効果が出る使い方はあるのでしょうか?
私が実際に子供に使ってみた経験からご紹介したいと思います。

持続時間について

まず、保湿の持続時間ですが、1回塗っただけで1日中潤いが続くようにできています。
だから毎日決まった時間に塗れば、十分な効果を得られます。

塗るタイミングについて

1日たった1回なら、塗るタイミングが大切です。

お風呂上がりに塗れば、清潔な肌に浸透してくれるから、効果も上がります。
おまけに次のお風呂まで洗い流さないので、塗り直しの必要もありません。

保湿効果を高めたい場合

潤静は全身に使えますが、気になる部分には重ね付けするなどして十分な量を浸透させると良いです。
とくに乾燥がひどい時には、十分な量を使うことで、より一層保湿効果が高まります。

使用感について

べたつきがないので、赤ちゃんでもイヤがられることはありません。
アトピーの薬との併用も考えて作られているので、治療中でも安心です。

他の化粧品との重ね付けについて

潤静はオールインワンだから、他のものと重ね付けをする必要もありません。
たった一つで済むということは、実はとっても経済的だったりもしますよね。
おまけに潤静は大容量です。
1本で150ml入っているので、顔だけなら2ヶ月、体まで使っても1ヶ月もちます。

以上が潤静の効果的な使い方ですが、いかがでしたか?

敏感肌やアトピーに悩む人ならではの使い勝手も、考えられた潤静。
使い方の簡単さと経済性でも優秀なスキンケアです。

アマゾンや楽天の最安値を調査!

アトピーの赤ちゃんでも安心して使えると人気の潤静ですが、「近所のドラッグストアを回ったけど買えなかった」という声を耳にしました。
いったいどこで売っているのでしょう?

結論から言うと、「潤静はネット通販専用の商品」です。

そこで、どこが最もお得に買えるのか、大手のショッピングモールを実際に調べてみました。

  • アマゾン
  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • LOHACO
  • ポンパレモール
  • ヨドバシオンライン

今のところ、上記では潤静の取り扱いはないようでした。
公式サイトからの購入が確実ですね。

気になるお値段ですが、通常価格は5980円+送料になります。
ぱっと見ると高いようですが、潤静は1本が150mlとかなりの大容量です。
これは例えば大人のお顔だけなら、ゆうに2か月以上はもつ容量なので、良心的な価格設定と言えるでしょう。

ただ人によっては「それでも高いじゃないか」と思われるかもしれません。
しかし、定期コースを使えばぐっとおトクに手に入れることが可能です。

定期コースなら、

  • 初回は半額の2990円
  • 2回目以降も17%OFFの4980円
  • 初回からずっと送料無料

です。

もし使ってみて肌に合わないと感じても大丈夫です。
初回購入後30日以内ならなんと全額返金保証がついていますよ!

赤ちゃんだけでなく、敏感肌やアトピーに苦しむ大人の間でも支持が厚い潤静。
本当に評判の良い商品がリスクなしで試せるので、あなたもぜひ効果を実感してみてください。