アイアクトクリームは、眼を開けているのが辛い悩みをケアするクリームです。
目の悩みなどに関するメディアに多数掲載されている人気商品です。

今回はそんなアイアクトクリームが本当に効果があるのか、口コミでの評価を調べてみました。

アイアクトクリームの口コミでの評価は?

【アイアクトクリームの口コミ①】
仕事が忙しくなると症状も悪化してきて、ひどい時にはまぶしさで車の運転が出来なくなるほどでした。
私は朝と晩だけでなく日中も目が疲れたと感じたらすぐに、アイアクトでケアするようにしています。
ヒヤッとしていて冷たくて、目元がリラックスし、症状が出にくくなった気がしています。
テクスチャーも伸びがいいジェルタイプなので、べたべたせず化粧の上からでもつけやすくなっています。

【アイアクトクリームの口コミ②】
半年ぐらい前から目がピクピクして痙攣を起こすようになってしまいましたが、初めはただ疲れ目かなと深刻には考えていませんでした。
しかし症状はひどくなる一方で、病院にもかかりましたが「目の疲れ」という診断でした。
アイアクトクリームは少し値段が高いのでためらいましたが、これで良くなるなら安いものだと、思い切って購入してみました。
使い始めて1ヵ月ぐらいですが、塗り始めるとピクピクがなくなりました。
目が疲れた時などはもちろん、症状が出ることもあるのですが、その時は塗る回数や量を増やしています。
一カ月使用した結果としては、症状が少し抑えられるようになったので、私には効果があったようです。

【アイアクトクリームの口コミ③】
私の場合は、まぶたが勝手に閉じることはないのですが、ピクピクがひどいことがたまにありました。
アイアクトクリームはネットでたまたま見つけて、私にも効果があるかなと思い買うことにしました。
届いた日からすぐに使い始めて、朝の化粧前にも使って出勤すると、まぶたのピクピクがいつもより気になりませんでした。
長時間作業に集中することが出来たので嬉しかったです。
化粧の上からで使えるとのことで、日中も疲れてきたかなと感じたら、塗り直していますが、目の周りがスッキリとして気持ち良いです。

【アイアクトクリームの口コミ④】
目が勝手に自分との意思とは関係なく閉じてしまうのが、すごくストレスになっていました。
私がアイアクトを実際に使用して、びっくりしたことは即効性があるという事でした。
朝と晩に使う以外にも、目が重いと思ったら、目の周りに伸ばすことで、すぐにまぶたが軽くなるし、眼の開きからが変わってきます。
アイアクトを使い始めてからは、今のところまぶたが勝手に閉じることなく、正直アイアクトだけでこんなに楽になるとは思いませんでした。

アイアクトクリームの口コミを一部ですが、紹介しました。
良い口コミが多いのが印象的でした。

アイアクトクリームの効果を実感している人は、朝晩のケア以外にも目が疲れてきたり、違和感が現れてきたら、すぐにケアすることで、症状ひどくなるのを防いでいるようです。

アイアクトクリームは、目を開けているのが辛かったり、目を開けていられなくなるぐらいのまぶたのピクピクなどの症状対策専用のクリームになっています。

口コミでも評価が高く、多くの人がその効果を実感しています。
眼瞼痙攣でお悩みの方は、一度試してみてはどうでしょうか。

アイアクトクリームで期待できる効果は?

アイアクトクリームは、眼が開けていられない、まぶたがピクピクするなどの症状を対策するためのクリームです。

今回は、そんなアイアクトクリームで期待できる効果についてまとめていきます。

アイアクトクリームでは、目を開けていられない、まぶたのピクピクに効果のある成分を配合しています。

・アルジルリン
・シンエイク
・プロジェリンカプセル

これらの3つの成分がトリプル配合されていて、アイアクトクリームではこれらのトリプル成分を独自テクノロジーで、10億分の1までナノ化されています。
通常では皮膚から吸収できない成分もまぶたからの経皮吸収が促進されて、眼瞼の緊張を和らげてくれ、まぶたの不快感やピクピクなどに効果を発揮することが出来ます。

3つの成分で期待できる効果や効能を詳しく見ていきましょう。

・アルジルリン
アルジルリンは、塗るボトックスとも呼ばれています。
実際、眼瞼痙攣の治療をクリニックで行うと、ボツリヌス療法という痙攣や縮小の原因になる神経の働きを抑えて、緊張しすぎている筋肉を緩める薬(ボツリヌストキシン)を注射するボトックス療法があります。

アルジルリンは、ボトックスではないのですが、もともとはボトックス注射が禁止されている美容先進国で開発されました。

即効性はボトックスほどではありませんが、目の周まわりの筋肉をほぐす作用があるので有効です。

・シンエイク
シンエイクもアルジルリンと同様、塗るボトックスと呼ばれています。
シンエイクとは、スイスの製薬会社が、蛇の毒にある筋肉を弛緩させる働きをヒントに人工的に作った成分になります。

筋肉が収縮するのを止める効果があるので、筋肉が良い感じにほぐれてくれるんです。

・プロジェリンカプセル
プロジェリンとは、通常より約10倍もの老化が進んでしまう疾患「プロジェリア症候群」の研究から生まれました。

年を重ねるとともに増えて、蓄積された深いシワの原因となる老化たんぱく質(異常たんぱく質)の抑制作用があるペプチドになります。

深く刻まれたシワを改善する効果も期待できます。

また、アイアクトクリームは毎日使うものだからこそ、無添加で低刺激にこだわって開発されています。
・着色料
・紫外線吸収剤
・動物性原料
・シリコン
・パラペン

上記はすべてまったく使われていません。
そのため、敏感肌の人でもお子様もお年寄りもすべての人に優しい作りになっています。

成分は?副作用は大丈夫?

アイアクトクリームは、目を開けていられなくなる、瞼のピクピクに悩んでいる人の症状対策専用クリームです。
顧客満足度93.5%で、医学誌にも掲載される眼瞼痙攣用唯一のクリームです。

そんなアイアクトクリームはどんな成分が使われているのか、また副作用は大丈夫なのか、心配ですよね。
そこで、今回はアイアクトクリームの成分、副作用について調べてみました。

まずは、アイアクトクリームの成分から見ていきたいと思います。

【アイアクトクリームの全成分】
水、プロパンジオール、グリセリン、ペンチレングリコール、トレハロース、グリコシルトレハロース、プルラン、加水分解水添デンプン、キサンタンガム、水添レシチン、トコフェロール、ステアレス-20、ヘスペリジンメチルカルコン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ジペプチド‐2、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミレツ花エキス、インドナガコショウ果実エキス、パルミトイルテトラペプチド-7、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、デキストラン、トリフルオロアセチルトリペプチド-2、アセチルヘキサペプチド-8、BG、カルボマー、水酸化K、ソルビン酸K、フェノキシエタノール

アイアクトクリームの成分の中で特に注目したいのが、目を開けていられなくなるまぶたのピクピク専用に開発された成分を配合していることです。

・「アイジルリン」
・「シンエイク」
・「プロジェリンカプセル」

この3つの成分がトリプル配合されていて、通常皮膚から吸収出来ない成分も10億分の1にナノ化することによって、まぶたからの経皮吸収を促進します。

また、アイアクトクリームでは毎日使うものだからこそ、肌に優しい作りになっています。

・着色料
・紫外線吸収剤
・動物性原料
・シリコン
・パラベン

これら5つがすべて使われていないため、敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。

アイアクトクリームは、主要成分も含めて、副作用の危険性は低い成分が配合されています。
子供からお年寄りまで安心して使うことができ、肌の弱い方にも優しい無添加になっています。

そのため、副作用の可能性は少ないと言えます。

しかし、肌に直接つけるものなので、どうしても合う、合わないは出てきます。
万が一、肌に違和感を感じたらすぐに使用をやめて、医師に相談しましょう。

効果的な使い方は?

アイアクトクリームは、「目を開けているのが辛い」、「まぶたがピクピクする」などで悩んでいる人に向けたクリームです。
顧客満足度93.5%という高評価の人気商品です。

今回はそんなアイアクトクリームの効果的な使い方をまとめてみました。

アイアクトクリームの使い方は簡単で、10秒もあれば出来ます。

【アイアクトクリームの基本的な使い方】

1.洗顔をして、皮脂やほこりを除去して、キレイにします。
2.適量のクリームを手に取ります。
3.まぶたの周り~眉間~おでこに軽く伸ばしながら塗布します。
4.眼の周り全体に塗布すれば終わり。

症状が強い方は、頬と首・肩にも塗布することで効果が高まります。

アイアクトクリームの効果的な使い方には、以下の方法があります。

・朝…いつものスキンケアをした後に、化粧をする前につけます。
クリームは乾くのが早いので、忙しい朝も手間がかかりません。
・日中…外出中や緊張する仕事の前などや緊張をしている時にも、まぶたに違和感があれば、塗ります。化粧の上に塗っても崩れません。そのため、化粧直しがとても簡単に出来ます。
・夜…お風呂上りや寝る前に朝と同じように塗ります。

アイアクトクリームは、サッと塗るだけで済むので、忙しい人でも簡単に出来ます。
また、日中に違和感を感じればサッと塗れるし、化粧も崩れないのは嬉しいですよね。

アイアクトクリームで、まぶたのピクピクによるストレスを緩和ケアしませんか。

アイアクトクリームの販売店はどこ?楽天・アマゾンを調査!

アイアクトクリームは、「目が開けていられないくらい、まぶたがピクピクする」という悩みを緩和ケアしてくれるクリームになります。
口コミでの評価も高く、93.5%の方が使い続けていきたいと思う人気商品です。

今回は、そんなアイアクトクリームを購入できる販売店を調べてみました。

まずは、楽天とアマゾンから調査してみました。
残念ながら、楽天もアマゾンも取り扱い販売店はありませんでした。

アイアクトクリームを購入しようと思ったら、公式サイトしか販売店はないです。
公式サイトでは、単品もしくは定期コースでの申し込みが可能となっています。

【アイアクトクリームの単品】
8,480円(税別)+送料600円(税込)

次に、公式サイトの定期コースのご紹介をしますが、単品で購入するよりお得になっていて、アイアクトクリームの販売店、最安値になっています。

【アイアクトクリームの定期コース】
・コンビニ後払い・代引きでの購入
4,980円(税別)、送料無料
・クレジットカードでの購入
(さらに500円オフ) 4,480円(税別)、送料無料

〈7大特典付き〉
1.全国送料無料
2.決済手数料無料
3.初回から40%off!
4.安心の30日間返金保証
5.5回目以降から電話一つで解約できる
6.5回目以降からさらに5%off
7.5回目以降からお届け周期を変更自由

アイアクトクリームの定期コースは、最低4回の継続が条件になります。
定期コース4回の合計は、19,920円です。

アイアクトクリームの定期コースは、初回から割引があり、単品と比べるとその差は、3,500円とかなり大きいですよね。
しかも、なんと支払い方法をクレジットカード決済にすると、さらに500円オフの4,480円になる特典もあるので、定期コースはかなりおすすめです。

アイアクトクリームを定期コースで購入するのは、安くてお得だけど、もし自分の肌に合わなかったらどうしよう…と思う方もいますよね。
しかし、安心してください。

アイアクトクリームの定期コースには、「30日間返金保証」がついています。
初めて購入した人限定で、万一、肌に合わなかったら、初回商品到着から30日以内にサポートセンターに電話すれば、返金保証制度が利用できます。

初回分の「明細書」「商品容器」「商品箱」の3点が必要になるので、捨てずに大事にとっておくといいと思います。